SQL Server 2017 出荷開始と on RHEL 向けキャンペーン

米国時間 9 月 25 日、マイクロソフトとレッドハットは、SQL Server 2017 が Red Hat Enterprise Linux を含む Linux、Windows、Docker 向けに 10 月 2 日から一般提供開始することを発表しました。

SQL Server 2017 は Red Hat Enterprise Linux を Linux プラットフォームでのリファレンスとしており、RHEL 上でのベンチマークテストでは、アプリケーションのパフォーマンスを向上させるとともに、より安全で信頼性がある、革新的な企業向けプラットフォームであることが示されています。

SQL Server 2017 on RHEL on Azure はマイクロソフトとレッドハットによる統合サポートが行われます。また、SQL Server 2017 は Azure 上の RHEL VM や Red Hat OpenShift Container Platform 等で動作する RHEL コンテナーでも利用できるので、DevOps のシナリオもサポートされます。

 

SQL Server on RHEL 共同キャンペーン 2017/10/2~2018/6/30

SQL Server 2017 の一般提供開始から 2018 年 6 月 30 日までキャンペーンとして、Red Hat Enterprise Linux 上で SQL Server 2017 をご利用になる場合にアップグレードや移行を支援します。SQL Server 2017 の年次サブスクリプションを最大 30% 割引します。加えて SQL Server 2017 導入のために新しい RHEL サブスクリプションを購入する場合は、RHEL サブスクリプションから 30% 割引になります。

関連記事

より詳細な情報については、以下の記事を参照してください。